よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

すぐおわる

ほうじ茶を入れて繰り返しつかっているペットボトルをほうじ茶が入ったまま投げつけたのでガラス戸のガラスが割れてわたしは電話を切るという腹、の中?だれもかれもが割れてくだけてふざけ倒している地獄だから仕方ないと言い聞かせる唱えつづけるわたしは…

何度か疑ってましたが、やはり昼間にモンスター飲むと夜眠れない、一本残ってたので先ほど飲み干して片付けました、ハッキリわかったのでもう買わない、モンスター、たぶん。 わたしは誰ともわかりあえないという前提の人間の一員でしかなく、わかりあえない…

はっきりしてない・はっきりしている

ジャンキーでなくなったつもりはないのにジャンキーに戻りたいというのは逃げなのだろうか わからない 逃げだとしてそれにどうして罪の意識を抱かねばならないのだろうか わからない 声をつぶしたくて焼酎でうがいするわたし、23歳にもなって、わたしは自分…

楽園

今わたしはどこかの腹のなかで溶けていくところでどこまで行っても溶けていく、荒れ地で独りくたばりたいだけ、どれもこれもどこかのまやかしでしかない、さがしているのはまやかしでしかない、流れていくのは流れていくまやかしで腐る寸前の溶けていくとこ…

つまらない

わたしの過去はわたしも重めだなと思うことがある そんなことより、と投げだせないことが人とのかかわりでいくらかあるし、説明に詰まらざるを得ないことが多いし、人とかかわらず完結できるわたしなら良かったと強くおもうのもいままで数えきれない 過去を…

安く買ったマーチン8ホールで左腕を打つ 白眼むいたらおもしろいだろうな 完璧なサイレン 熟柿をにぎり潰して舐める とにかく驚愕が多い 墓場の熟柿 地べたの世の中、完璧なサイレン、なにも感じてなかったと未来で気づく わたしはなにも感じていなかった 自…

わたしの

なんか毎日毎日特別つかれることしてるわけでもないのになんでこんな毎日毎日しんどいのかわからない というかこれはしんどいのかわからない わたしはしんどいのだろうか でもしんどいことってなんだろうかわからない つかれてるかわからないのにつかれてる…

繰り返せば

ゆるやかな自殺をしたいくせに、試みたのに失敗したらと考えて今日もご飯を適量たべる。わたしはなにも思い切れない。安全な場所などどこにもないのにありはしないのにどこかにあると思ってしまって憧れるばかな人間もどきが亡くなったってただの成功なのに…

死ぬほどの日々

美しくもないにんげんが化粧をしていちおうの体裁をととのえたつもりでいる、わたしのことです。なにかをがんばったり、どこかへでかけたり、そういうことをしたつぎの日、微熱がでます。からだのいたるところが重く、しんどく、何回かに一回寝込みます。わ…

20160830

あたまわるいのであたまわるいことしか書けないし言えない、それがわたしです。(自己紹介) おもしろくないのでおもしろくないことしか書けないし言えないよ。ばかか?わからんのか?殺し合いがはじまらないのはふしぎだな?わかるといわないでくれとも言え…

夏が結構好きなのはなんでかわからない 今朝首のあたりを寝違えていた 昨日けっこうな大金をとあるところに所用で振り込んだら当たり前に残高がごそっと減ってわたし太ったなあと思った。太ったなあと思ったのは別に悲観ではない。去年はベルトなしじゃはけ…

コレクション

春の海におきざりにされたCDアルバム わたしの右手の傷 すべて桃色の地獄の季節。 去らねばならない そんなものない いくつかの地獄 多様な地獄 いくつもの軸があることを地獄、 伐採された野垂れ死にを わたしは守れなかっただけです ネオテニー じゅじゅん…

散って野

「車窓より」つばめが飛んでいる枯れた木の上民家がすき間をうめるように直角平行の、この時期田んぼは茶色、僕が死んでも。象牙の塔俺か世界か、俺と世界。外、立つ半透明の霧が言う、「死ねるぜ」目線は飛ぶ飛ぶ俺と世界の、台形の上、ひとり、坂だあわい…

写真

誰かが望んだ私になれたとしてもそれは私が望んだ私じゃないから私は私を嫌いなままだ、的なことを以前書きました。私はまだ私が望む私がわかりません。探しても探してもいくつも出てくるので私は多面的な生き物なのかなあとかって思ったりはします。多数の…

毎日みっともない。

詩を書くことは他者と比較とかせず自分の中の問題だけで言えば向いていると思うし、書くことを禁止されても書いていそうだとは思ってる。才能とか技量とかそんなことは知らないしわからないしより一層落ち込みそうだから考えたくない。髪を短くしている。た…

場所は伏せますがある建物のてっぺんに行ってきました。そこから飛び降りるつもりでした。できずに俯いて帰ってきました。結果、今うずくまって泣いているだけです。痛みが怖いだけだ、痛みがなんだというのか、何を恐れているのだ、飛んだあとの迷惑?……馬…

わかりません

さわやかに嘲笑して見放して突き放すみたいなことができるような洗練された人間にはなれそうもないので野暮ったく無様に泥っぽく生活を耐えていくしかないので私。あきらめなさい私。不恰好な無邪気さだけがマシなところなのかもしれない。けど不恰好。美し…

げす

まだ泣いていない私は楽しめない、一つわかるかもしれないのは寝不足はだめだ、ということだけであります。わたしはわたしが殺してやる殺してやる殺すんだ!バクシーシして分解してしまえって願ってる野望の人。山にこもってそのまま降りずに亡くなりたい願…

ツイッターを休んでみています。どうでもいいと思います。みなさんにとって。私の日常も死ぬしかないままです。けど日々生きています。なんでだろうね。私にはなにもないな本当に。最近このこと強く思います。死んで私以外の何かになれればいいなということ…

人間にしかみえない人間になりたい人間でいたくない人間がきらい人間が憎い人間になれない人間じゃない人間を許せない人間ではない人間になれない人間がわからない人間になれない人間はいやだわたしは人間なのか?なんでわたしは人間に見えるのだ?

劣等

もう疲労するのが嫌だから死んで終わりにしたい厄介 莫迦 就寝 醜い 嘔吐 携えて 貧相 奇異の眼差し 晒す 施し 殊勝 傲慢 腫れた 詫びる 痕跡私はハズレです。死ぬのを堪え続ける日々。ばっかじゃねえの?わたし。皆殺しにするか自殺するか以外ないことは皆…

強いていうなら

このB級の指先で合成の調整の声を断絶したあとの日暮れでジョージ・コックスを汚す。なにも仕留められない、仕留められない、消毒液を浪費しては自己嫌悪/ユニクロからのメールマガジンを読んでTシャツが見当たらない夕方を浪費して四列シートの夜行バス…

アディオスしたい欲求が不満です

「女郎なんかしているから。金を買ってやったのよ。」 私はやりたくもなんともない。憤り。一月上旬の空気の乾燥で唇の端が切れて痛いと声をあげるこんなことしか言うことができない人間はただそれまでの人間でそんなのを抱いてやる世界観。何かが嫌いだって…

花と星と呪い

なにものでもないけやきを伐採わたしの血はながれないでほしいいろいろ恨むことをゆるしたわたしはどの花もゆるせなくてころされた嘘偽りないものをさらす日々恥しかない生きても生きてもなんにもおどれないわたしは戦場にすぎないと、それがやさしい物言い…

そんなことなかった。

両サイドと後ろ(えりあし)かりあげて脱色しました。 ブリーチ2回くらいしたら頭皮のダメージが結構ありました。 自分のことを私は卑しすぎてどうしようもないといつも思っているのが当たり前っていうか意識すらしない前提なんですけど、「もしかしたら私は…

啄木とベニシアさんのハーブの本と山田花子と野草茶。

山田花子の手記?はこないだもらった。 野草茶の本はこないだ買ったばかり。 山田花子も石川啄木も私との共通点を見つけるたびに安心する。似ているだとか思って慰めにする。本当はぜんぜん似ていないんだろう。

雑記

人間のままでしあわせになりたい。 しあわせになりたいというよりは苦しみのない安心のある生活をおくりたい。 何を書きたいのかが考えれば考えるほどわからないし書くほどのことなどなにもないように思う。 「伝わらない」ということがコミュニケーションで…

貝殻虫

ゆきゆきて。みてーな感じで夜が明けたのは幻想で眠れないまま私は午前四時を認識する。ぬるついた顔面、なにも期待できない台風、消散したアイデアと期待。 「生命という認識に意味はあるの?どれもこれもただの道具でゴミではないの?」という疑問を抱いて…

セージが枯れてなかった

人に嘘偽りのない態度を示す―というより、あえてそういう態度を示したことを黙って見逃すような者は一人もいない。誰かに本当のことを言うのは、不作法の罪を犯すこと、相手より自分がまさっていることを認めることだ。「どんな権利で、本当のことを面と向か…