よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

秋のはじまり・灰色の爪

気温が下がり盛夏よりも虫が元気に飛んでいて自分の身をごまかせないけど周囲は生命が穏やかに喧騒をやめない、穏やかになりたいから自分をごまかしたい、手の爪にネイルポリッシュを塗って、自分をごまかしたい、自分をごまかす為にできることをその割りに…

お盆

盛夏に空でゴロゴロいって夕立がくると落ち着くのはわたしの何とも関係ないってわざわざのたまうことのわざとらしさに辟易して墓場にいくのをことわりだれもいないと呟く。ひとりでやらずに連帯感の中でよろこんでいる人たちをどうしてか好きになれないまま…

沈澱

炊飯器のタイマーのセットすら自信なく傷つかず話せたことがない経歴をまた重ねつづけてるままただいろいろ過敏さを自覚していくためだけの流れはなにも写さずそのわりに消えることもない、きらめきを待つのはずっとしていないからと言うことに意味も訊いて…

自殺するまえに周囲に相談してみてとかってやつあるけど、自殺が成功したあとじゃないと誰も真面目に受け取らないし自殺成功したあとでも真面目に受け取らない人っていっぱいいると知ってしまっているから自殺を思いとどまる理由にはならない。これはわたし…

バランスを考えながら今日もごはんを適量たべ、また自己肯定のできない理由に気づいていくのでごはん適量たべてるくせに頭が回るままなので死にたがりなわけですけど、死にたがりのくせに過去のことなどで許せない可能性も感じてしまう。三流の死にたがり。 …

習作

俯いて隠した歪めた顔も意味はない 死人のつもりで家を出る 髪振り乱すほどの価値ないって言い聞かせ 今日もまた気に入りの靴履いて 竹の切り口で怪我をした夜、 かわいがられる人間のつもりか どちらも怖くないふりをして 進む 過ぎるのを待つ なにも過ぎて…

25歳になったら死のうと思うと、それまでは思い切り幸せ目指していいんだと思うわたしがいるのは事実です。 25歳に死ぬのならあれもこれもしなくていいし、していい、というよろこびみたいな。

この先どうにもならなくなったり、どうにかなったりしてもそのときは死ぬだけだし死んだらいいだけだ という思考を今に至るまで長いことしててなかなか今さら変えられないと言うと「それは覚悟を決めて生きていていいことです」と言われた。こないだ。 ちょ…

インクジェットプリンターをかち割ったらただのゴミであるようにまたわたしもゴミであるので今日もスチールトゥで自他共々の人体を殴ってゴミをふやしているだけで安上がりのあいつはそろそろくたばってほしいって願いをささやかだと信じてます、だれもかれ…

幼少期から約束事などを守ってもらった記憶があまりなく、そのくせ24になってもバカ正直に人のいうことを受けとめてしまうし、今、「わたしは昔から約束事を守ってもらえない人だったな」とか思ってしまって、こんなようなことを考えたり思ってしまうような…

死を意識せずには存在していられないがゆえに生きてゆくための営みにかかわる努力に割くエネルギーもなく、意識している死を遅らせることしかしていない。 七千円で揃えた死を意識している道具だけ完璧でなんの勇気も持ちたくはないと泣いている、贅沢に。 …

つきつめちまった灯明をぼんやり見やる日替わりの人間、ほかの動物を賢いだのと思える根拠も考えず人間、己のおもいを他者に伝えていいと何故に判断しているのだ人間、根拠などないと考えるような生き物は生きようとしていていいかもわからないまま人間、い…

人間らしさという名のもとみんなみんな盛大に真面目に狂うこと狂うことみんなみんなより精密に狂おうと余念なく励みつづけてわたしのような地球の人間じゃないやつはペシャンコになれと悪意がないように善意しかないようになにもかもだまして狂わせてはやく…

感覚とあたまの外側のことがらがやたらめたらに馬鹿さわがしく馬鹿うるさくわたしはその影響で今夜もごはんをたべられない。なぜたべられないのかわからない。なぜ感覚とあたまとその外側かしずかでないとごはんがたべられないのかわからない。そしてなぜそ…

なにもきらめきのない時の流れである。きらめきがないどころかただ身体だけが容器のように存在していてただそれが腐って分解されていないというだけ、身体という容器がほかの容器とともに存在して流れたり流れなかったりというだけ。わたしは容器でしかない…

わたしの半分は轢かれてひしゃがれてうまく流れもせず爆破されもせずただ悲しさをのぞんでいるキウイフルーツたべて殺し合えってわめいてる砂糖水でべたべたにしろどこへもあつめられない地獄ちりぢりになるしかないなれない地獄ゆきゆきてキウイフルーツわ…

すぐおわる

ほうじ茶を入れて繰り返しつかっているペットボトルをほうじ茶が入ったまま投げつけたのでガラス戸のガラスが割れてわたしは電話を切るという腹、の中?だれもかれもが割れてくだけてふざけ倒している地獄だから仕方ないと言い聞かせる唱えつづけるわたしは…

何度か疑ってましたが、やはり昼間にモンスター飲むと夜眠れない、一本残ってたので先ほど飲み干して片付けました、ハッキリわかったのでもう買わない、モンスター、たぶん。 わたしは誰ともわかりあえないという前提の人間の一員でしかなく、わかりあえない…

はっきりしてない・はっきりしている

ジャンキーでなくなったつもりはないのにジャンキーに戻りたいというのは逃げなのだろうか わからない 逃げだとしてそれにどうして罪の意識を抱かねばならないのだろうか わからない 声をつぶしたくて焼酎でうがいするわたし、23歳にもなって、わたしは自分…

楽園

今わたしはどこかの腹のなかで溶けていくところでどこまで行っても溶けていく、荒れ地で独りくたばりたいだけ、どれもこれもどこかのまやかしでしかない、さがしているのはまやかしでしかない、流れていくのは流れていくまやかしで腐る寸前の溶けていくとこ…

つまらない

わたしの過去はわたしも重めだなと思うことがある そんなことより、と投げだせないことが人とのかかわりでいくらかあるし、説明に詰まらざるを得ないことが多いし、人とかかわらず完結できるわたしなら良かったと強くおもうのもいままで数えきれない 過去を…

安く買ったマーチン8ホールで左腕を打つ 白眼むいたらおもしろいだろうな 完璧なサイレン 熟柿をにぎり潰して舐める とにかく驚愕が多い 墓場の熟柿 地べたの世の中、完璧なサイレン、なにも感じてなかったと未来で気づく わたしはなにも感じていなかった 自…

わたしの

なんか毎日毎日特別つかれることしてるわけでもないのになんでこんな毎日毎日しんどいのかわからない というかこれはしんどいのかわからない わたしはしんどいのだろうか でもしんどいことってなんだろうかわからない つかれてるかわからないのにつかれてる…

繰り返せば

ゆるやかな自殺をしたいくせに、試みたのに失敗したらと考えて今日もご飯を適量たべる。わたしはなにも思い切れない。安全な場所などどこにもないのにありはしないのにどこかにあると思ってしまって憧れるばかな人間もどきが亡くなったってただの成功なのに…

死ぬほどの日々

美しくもないにんげんが化粧をしていちおうの体裁をととのえたつもりでいる、わたしのことです。なにかをがんばったり、どこかへでかけたり、そういうことをしたつぎの日、微熱がでます。からだのいたるところが重く、しんどく、何回かに一回寝込みます。わ…

20160830

あたまわるいのであたまわるいことしか書けないし言えない、それがわたしです。(自己紹介) おもしろくないのでおもしろくないことしか書けないし言えないよ。ばかか?わからんのか?殺し合いがはじまらないのはふしぎだな?わかるといわないでくれとも言え…

夏が結構好きなのはなんでかわからない 今朝首のあたりを寝違えていた 昨日けっこうな大金をとあるところに所用で振り込んだら当たり前に残高がごそっと減ってわたし太ったなあと思った。太ったなあと思ったのは別に悲観ではない。去年はベルトなしじゃはけ…

コレクション

春の海におきざりにされたCDアルバム わたしの右手の傷 すべて桃色の地獄の季節。 去らねばならない そんなものない いくつかの地獄 多様な地獄 いくつもの軸があることを地獄、 伐採された野垂れ死にを わたしは守れなかっただけです ネオテニー じゅじゅん…

散って野

「車窓より」つばめが飛んでいる枯れた木の上民家がすき間をうめるように直角平行の、この時期田んぼは茶色、僕が死んでも。象牙の塔俺か世界か、俺と世界。外、立つ半透明の霧が言う、「死ねるぜ」目線は飛ぶ飛ぶ俺と世界の、台形の上、ひとり、坂だあわい…

写真