よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

雑記

はやいとこ死ななければという焦燥感と、死を選択しないように努力しようとする気持ちとがあって、わたしはくるしいのだろうな

2020/4/3

わたしはよちよちほちゃほちゃの頃から無駄に感受性が強く、小学生のとき「成長して年齢を重ねていけば周りの人たちのように感じにくくなるのだろう」と期待もしていた。だが結局無駄に感受性が強いまま年齢を重ねてきてしまっている。さらに言えば推測した…

雑記な日記

昨夜塗ったシルバーのネイル(手の爪)が気に入らなくてモヤモヤしてたがそのまま編み物するもやはりモヤモヤ、結局スーパーへ行くついでに昨日買うか悩んだ白色のマニキュアを買った。帰宅しクッキー焼きつつネイルオフして新しい白色のマニキュアを塗るも液…

雑記な日記

編み物イベントに行ってきた。その会場となるお店の方にわたしの格好をほめてもらった。いかにもセンスが良くて仕事ができます!というようなかっこいい女性にほめてもらえて照れ照れした。思い出してもにまにましてしまう。反芻。 会場では居合わせた方々と…

雑記な日記

暖冬だし雪不足らしいし今年は積雪はなかろうと思っていたのに今朝起きたら積雪していてしょんぼりした。冬きらい。5時に起きたけど6時に外みたらもっと積もっててまたしょんぼりした。雪が積もっていることと髪が今の己の気持ちにしっくりきていないことと…

遺書かくのって微かになんとも言えない愉悦をこれまで感じてきたんですがそれは酷く殴られつづけた末にふっと微笑んでしまうようなものの可能性もあるのかな

墜落して打ちつけられてゴミになって消化されて風化して完成か?

はやく終わらせたいと思う程度には人生に疲弊してましたし殺すか死ぬかしかないという風に泣きながらなやむ日々を一つずつ耐えてもただどこにも馴染めない人間ができただけでしたし誰にも生きる意味なんてないのにわたしに生きる意味があるように言った人た…

しんどい

「道で男性に腕捕まれて振り回されて離してもらえず怖かった」という話をとある女子にしたときに「意外とそういうの怖がるんだね~!」と笑いながら言われたことを思い出してしんどい。 人はこういう風に悪びれもなく人を斬っていくものなんだと確認したよう…

愚痴

あほらしいな、と思うタイプの人との付き合いを切りたいがなかなか決断できなくておのれの脆弱さが嫌になる、花粉とびはじめてる日。 というかこんなことで陰鬱な気持ちになりたくないしイライラもムカムカもしたくない。 ばかだなわたし。 編み物いろいろし…

🦍

「そこに山があるからだ」みたいな、そこにマニパニの赤があったからってだけで元旦に髪を真っ赤にして、その次の週に真っ赤な髪を黒染めしてしまって今にいたる。ブリーチにブリーチをしこたま重ねてからの黒染めだから当然髪のキューティクルだとかはバシ…

離人感

離人感はずっとずっと消えないままなのだが、 それゆえにわたしはどこかとんちんかんなままだし自信も自己肯定感もないしいろいろなことに恐怖ばかり感じるし自分たちの人生を生きられないまま生きてるともわからないままなのだろうけど、 それゆえに詩とか…

生活

はちみつを舐める、幸福な確証も答え合わせもできない罪悪感から舐めるはちみつはおいしい、カフェインを避けて暮らす、人々のなかで違和感あるまま、不安さのない表情ばかりの人間、幸福感を甘受できる器がないと知っているので、ただの脅威で、その先に何…

自殺するまえに周囲に相談してみてとかってやつあるけど、自殺が成功したあとじゃないと誰も真面目に受け取らないし自殺成功したあとでも真面目に受け取らない人っていっぱいいると知ってしまっているから自殺を思いとどまる理由にはならない。これはわたし…

バランスを考えながら今日もごはんを適量たべ、また自己肯定のできない理由に気づいていくのでごはん適量たべてるくせに頭が回るままなので死にたがりなわけですけど、死にたがりのくせに過去のことなどで許せない可能性も感じてしまう。三流の死にたがり。 …

この先どうにもならなくなったり、どうにかなったりしてもそのときは死ぬだけだし死んだらいいだけだ という思考を今に至るまで長いことしててなかなか今さら変えられないと言うと「それは覚悟を決めて生きていていいことです」と言われた。こないだ。 ちょ…

幼少期から約束事などを守ってもらった記憶があまりなく、そのくせ24になってもバカ正直に人のいうことを受けとめてしまうし、今、「わたしは昔から約束事を守ってもらえない人だったな」とか思ってしまって、こんなようなことを考えたり思ってしまうような…

死を意識せずには存在していられないがゆえに生きてゆくための営みにかかわる努力に割くエネルギーもなく、意識している死を遅らせることしかしていない。 七千円で揃えた死を意識している道具だけ完璧でなんの勇気も持ちたくはないと泣いている、贅沢に。 …

人間らしさという名のもとみんなみんな盛大に真面目に狂うこと狂うことみんなみんなより精密に狂おうと余念なく励みつづけてわたしのような地球の人間じゃないやつはペシャンコになれと悪意がないように善意しかないようになにもかもだまして狂わせてはやく…

感覚とあたまの外側のことがらがやたらめたらに馬鹿さわがしく馬鹿うるさくわたしはその影響で今夜もごはんをたべられない。なぜたべられないのかわからない。なぜ感覚とあたまとその外側かしずかでないとごはんがたべられないのかわからない。そしてなぜそ…

何度か疑ってましたが、やはり昼間にモンスター飲むと夜眠れない、一本残ってたので先ほど飲み干して片付けました、ハッキリわかったのでもう買わない、モンスター、たぶん。 わたしは誰ともわかりあえないという前提の人間の一員でしかなく、わかりあえない…

つまらない

わたしの過去はわたしも重めだなと思うことがある そんなことより、と投げだせないことが人とのかかわりでいくらかあるし、説明に詰まらざるを得ないことが多いし、人とかかわらず完結できるわたしなら良かったと強くおもうのもいままで数えきれない 過去を…

死ぬほどの日々

美しくもないにんげんが化粧をしていちおうの体裁をととのえたつもりでいる、わたしのことです。なにかをがんばったり、どこかへでかけたり、そういうことをしたつぎの日、微熱がでます。からだのいたるところが重く、しんどく、何回かに一回寝込みます。わ…

20160830

あたまわるいのであたまわるいことしか書けないし言えない、それがわたしです。(自己紹介) おもしろくないのでおもしろくないことしか書けないし言えないよ。ばかか?わからんのか?殺し合いがはじまらないのはふしぎだな?わかるといわないでくれとも言え…

夏が結構好きなのはなんでかわからない 今朝首のあたりを寝違えていた 昨日けっこうな大金をとあるところに所用で振り込んだら当たり前に残高がごそっと減ってわたし太ったなあと思った。太ったなあと思ったのは別に悲観ではない。去年はベルトなしじゃはけ…

写真

誰かが望んだ私になれたとしてもそれは私が望んだ私じゃないから私は私を嫌いなままだ、的なことを以前書きました。私はまだ私が望む私がわかりません。探しても探してもいくつも出てくるので私は多面的な生き物なのかなあとかって思ったりはします。多数の…

毎日みっともない。

詩を書くことは他者と比較とかせず自分の中の問題だけで言えば向いていると思うし、書くことを禁止されても書いていそうだとは思ってる。才能とか技量とかそんなことは知らないしわからないしより一層落ち込みそうだから考えたくない。髪を短くしている。た…

場所は伏せますがある建物のてっぺんに行ってきました。そこから飛び降りるつもりでした。できずに俯いて帰ってきました。結果、今うずくまって泣いているだけです。痛みが怖いだけだ、痛みがなんだというのか、何を恐れているのだ、飛んだあとの迷惑?……馬…

わかりません

さわやかに嘲笑して見放して突き放すみたいなことができるような洗練された人間にはなれそうもないので野暮ったく無様に泥っぽく生活を耐えていくしかないので私。あきらめなさい私。不恰好な無邪気さだけがマシなところなのかもしれない。けど不恰好。美し…