読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

散って野

「車窓より」
つばめが飛んでいる
枯れた木の上
民家がすき間をうめるように
直角平行の、
この時期田んぼは茶色、
僕が死んでも。


象牙の塔
俺か世界か、
俺と世界。


外、立つ半透明の霧が言う、
「死ねるぜ」
目線は飛ぶ飛ぶ
俺と世界の、


台形

上、
ひとり、
坂だ
あわい坂だ
青磁色の
白っぽく枯れた
植物ら

植物ら、

土となるまで

野である。