読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

アディオスしたい欲求が不満です

「女郎なんかしているから。金を買ってやったのよ。」
 私はやりたくもなんともない。憤り。一月上旬の空気の乾燥で唇の端が切れて痛いと声をあげるこんなことしか言うことができない人間はただそれまでの人間でそんなのを抱いてやる世界観。何かが嫌いだってね。知らねえよ。
 執拗に繰り出されるサーカスみたいな所詮異端児にはなれない思い上がり自傷患者みたいな。女が嫌い。男が嫌い。人が嫌い。世界が嫌い。自意識が嫌い。言ってもどうにもならない。
 死ねババア。


 死んでやる死んでやるって喧しく唱える私は消えた。不自然のなかで。不必要な言語を吐いて自分に自分でわざわざ泥を塗る日々。「他人を変えるのは行動だけなので私は死ぬという行動を選びがちというだけに過ぎない」「わかるよ、私も、なんか私が宇宙人みたいだなって思ったことある。文章を書くの、私は体力いるみたいで、要は怠けてるんだけど、書くのを持続する力が無さ過ぎてなんにも書き終えられないの。」なんにも書き終えられない日々、書き終えられない人生! って誰かが叫ぶ。それは私。爆笑。

 まだらな肌の色した私が鏡にうつる。今日も私は私を私だと自認できたけれど満足できなかった。当然だった。言葉足らずで言葉が過剰な私は今日もスタンダードになっている無理をして不条理。疲れた。アディオスしたい、アディオス。しかし日々は連続していてそれは私にも理解できて人生って連続だしどいつもこいつもくたばらない。マジ死ねって気分って言われる。アディオス。

 

 スルメを意識集中させて噛んで噛み切るブラボーわたし!ガラスペンのガラスのペン先を洗ってきれいにするブラボーわたし!けれどそれらはまやかしだ。

 消しゴムを彫りながら考えていたのはテロり方。私は盛大なる自爆をしたい。誕生日に通っている精神科を急遽たずねべゲAを処方してもらう。当直医の先生の眉毛を見るように私は意識をもっていく。飛ぶ意識、飛ばされる意識、殺し合いにならねえな!なんでかな!殺し合いにならないのは不思議だな!

 つぎの日、日記帳を買いにいけなくて唸る髪の短い女はアディオスできなくて死のうとしてた。