よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

人間らしさという名のもとみんなみんな盛大に真面目に狂うこと狂うことみんなみんなより精密に狂おうと余念なく励みつづけてわたしのような地球の人間じゃないやつはペシャンコになれと悪意がないように善意しかないようになにもかもだまして狂わせてはやく屈服しろやと暴力圧力暴制をかけてくるいやあまったく巧みな狂いようで完璧ですねいやあまったくご立派な人間らしい人間ですねおねがい少し静かにしてください

感覚とあたまの外側のことがらがやたらめたらに馬鹿さわがしく馬鹿うるさくわたしはその影響で今夜もごはんをたべられない。なぜたべられないのかわからない。なぜ感覚とあたまとその外側かしずかでないとごはんがたべられないのかわからない。そしてなぜそういったことでたべられないひとがわたしの周りにはひとりもいなくてなぜわたしだけがそんなことでたべられないのかわからない。なぜそのことを攻撃されたり冷やかされたり感覚とあたまの外側を構成しているひとたちはしてくるのか、これは考えた、かんがえた、きっとわたしの言動がおかしくて攻撃したらハイ直しますとばかりにきれいな歪でない容器にわたしがなれると期待しているからでしょう。そうおもうとますますこんなことでたべられなくなっているわたしははやく処分されるべきだとおもう。存在していまった以上はなるだけはやく処分されて流れてきえていくべきでしょう。痩せないように生活くずれないように気がおかしいとされる言動をとらなくて済むようにとばかりかんがえてわたしは日を送らなくてはならないけどそういったことはやはり面倒でしんどいことなのでそういったことをやめたいと思う以上は悪影響のなるだけすくないうちに処分されていくことがのぞましいらしいとさすがにこの年になって学んでいる。こんなことばかりに悩まされつづけてこんなことばかりを気にして意識しないといけない日を送っていくほかに選択肢もなくわたしはただ心地悪くないところで穏やかにすごしたいという願望を追ってきてまだそれは叶ったことないけどだからいつか叶うはずでってわたしはだから感覚とあたまの外側の事象たちによってごはんたべられなくなる分際でなにをゆめ見てるんだ

なにもきらめきのない時の流れである。きらめきがないどころかただ身体だけが容器のように存在していてただそれが腐って分解されていないというだけ、身体という容器がほかの容器とともに存在して流れたり流れなかったりというだけ。わたしは容器でしかない。わたしの精神とされるものはいつもどこにもいない、どこにも流れていない、存在しない、殺し合わない。容器が起床し、食事をし、就寝し、そのうちなにかで亡くなる。そこにはただ流れがあるだけで意義はない意味はない、生産性というのは宇宙にとってなんなのだ? 容器のかずが増えることは投棄されるものが増えて容器もたくさんどんどん投棄されることでわたしも容器だからそのうちただの流れのままに処分されてなだらかになるしまた生産されていく諸々になにがしらの影響もなくきれいな流れで処分されてきれいになる。容器が生きているものだったらそれは処分されるものということで動くものは時の早い遅いがあれ処分されるという流れのうえで流れてわたしという容器も割れていようがきたなく崩れていようが関係がなくただほかのきらめいた容器とおなじく処分されるから、それを希望にわたしたちという人々はわたしたち以外を執拗に攻撃懺滅しつづけている、殺し合いということをさけようと婉曲して、見た目のいいものばかりでしきつめて、見た目のよくない容器はこなごなにしてから接着してリサイクル、たのしまなければならない、有意義でなければならないと容器のくせにやかましくいうリサイクル逃れた容器、リサイクル逃れた容器はリサイクル要因の容器よりえらい、すごいね。その流れは宇宙になんの意義もない意味もない、なのに意義も意味もあるように見せるのがうまい容器がえらい、そうなの、すごいね。わたしという容器はただ処分に気づいて流れている、かけがえのない透き通った殺し合いがなされているのだとして、だれの血だろうとわたしの城ではしずかにしてくれ。

わたしの半分は轢かれてひしゃがれてうまく流れもせず爆破されもせずただ悲しさをのぞんでいるキウイフルーツたべて殺し合えってわめいてる砂糖水でべたべたにしろどこへもあつめられない地獄ちりぢりになるしかないなれない地獄ゆきゆきてキウイフルーツわたしの半分はそっちはこの先はどうですだれもかれも生きていますかかわいいマグカップはありますか恋人たちが贈りものを選べていますかだれもかれもの血が赤いままでそれをわたしは地獄と感じていますかなにものも動いていますかなにものも静止せずけれども芸術はありますかわたしたちはわたしたちじゃないものを殺してますか

すぐおわる

ほうじ茶を入れて繰り返しつかっているペットボトルをほうじ茶が入ったまま投げつけたのでガラス戸のガラスが割れてわたしは電話を切るという腹、の中?だれもかれもが割れてくだけてふざけ倒している地獄だから仕方ないと言い聞かせる唱えつづけるわたしは過去も現在も未来永劫もずっとおなじ正気でした存在しない方がいいだれもいないことを望んでいただけかもしれない、だからわたしは人とのかかわりの腹の中、これから先は降りていく折れていく下ろされていく、溶けたところで下賤、みな睦まじくって実に誠にふしぎに溶けろ、わたしの体は溶けていく、動いてしまったかたまりとして認知され自覚おいつかず区別されたものとしてふしぎに溶けたら背負うものもない罪悪のこわい方を選ぶわたしは人間でしたか?

f:id:sazenn5:20170424022117j:image

f:id:sazenn5:20170424022100j:image


f:id:sazenn5:20170424022415j:image

何度か疑ってましたが、やはり昼間にモンスター飲むと夜眠れない、一本残ってたので先ほど飲み干して片付けました、ハッキリわかったのでもう買わない、モンスター、たぶん。

わたしは誰ともわかりあえないという前提の人間の一員でしかなく、わかりあえないから存在していられるという条件をもらっている、たぶん。

死ぬまでは生きなくちゃならないなんていうことは有り体に言って地獄だけどもわたしはわたしのことをまっとうする以外に道はない、たぶん。

有り体に言ってこの世が地獄をなしてることと前後して人間でいたくないし人間との関わりも下手だし人間になれない、わたしという形が人間という形に見えるだけ、たぶん。

わたしはどういう役割をもとめられてるか、とか、そういうのはぜったい無視につきる、ぜったい。

じゃないとわたしは人間になってしまう、たぶん。

絶望を抱いていない人間は信用できないようなわたし、わたしをもてあましていることを折り合いをつけなければならないし、わたしということと引っ掻き合い、殴り合い、打撲や挫傷傷をおってわたしがいないような状態にしないといけない、したい、たぶん。

すべてのことに結論をださなくちゃいけないとおもってるならやめて欲しい、結論をださないということもまたとても大事なことであるしわたしは結論をだされたら無惨に終わるだけだ、たぶん。

眠れなくてマニキュアでも塗りそうな夜だ…

はっきりしてない・はっきりしている

ジャンキーでなくなったつもりはないのにジャンキーに戻りたいというのは逃げなのだろうか わからない

逃げだとしてそれにどうして罪の意識を抱かねばならないのだろうか わからない

声をつぶしたくて焼酎でうがいするわたし、23歳にもなって、わたしは自分に耐えられたことがないと弁明するさまは、ひたすらに醜悪なのに、

ただ自分でいたいと考えるだけで肉体が存在することにも耐えられないほどこんなにもつらいので、わたしは燃やしてしまいたいよ、肉体も、

わたしはずっと醜悪でこれからも醜悪なのに醜悪でないかのように振る舞うことをどうやったら止められるのだろう わからない…

わたしなどないのに、

わたしのことで一大事などなにもないとわたしもわかっているのに、

消えたらいいのに 消えたらいいのに、

乱調、

自滅するよと侮蔑を吐かれて わたしはずっと自滅を試みているのに完全には自滅できなくて己を怨んでいることを思ってわらってしまう、

生きてるわたしは醜悪で生きてるあいだにどこにも自分がいない、

生きてるかんじとはなんだろうね

ただ自分でいたいと考えるだけで張り裂けるようなわたしは自分でいられないことだけはっきりしている