読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

そんなこと言う奴らの為に本当に死んでやりたい

感覚の鈍い人達で溢れかえっていてしんどいです。って伝わるように言ってやりたい。

 

確実に死ねる方法を考える日々です。まだ見つかりません。確実に死ねる方法が首吊りくらいしかやり方わからないので首吊って死ぬかもしれません。

本当は引きこもってずっと編み物していたい。とか思います。

なんにも理解してない人に理解してる様に言われる度に私の絶望の種は増えていきます。絶望してても個体を維持することは出来るみたいで今生きてる次第です。絶望していない日はありません。私という個体には絶望がなんの影響ももたらさず絶望しながらも生きていることが辛いです。絶望しながら生きていることが辛いので疲れましただから死んで終わりにしたいです。

 

絶望した、というのは自分と自分の未来のことに対してなのでどうしようもありません。この先も不都合さゆえに不甲斐ない私のままであり適合した形に私がはまる可能性を考えたらゼロに等しくて、周りが、世間が、圧倒的大多数が悪いのではないと思ったり言われたりする度に私はどんどん死ぬしかなくなってきました。それはこれからも続いていってますます死ぬしかなくなっていくだろうなと考えるとやはり死ぬしかありません。

 

自己責任論を唱える方々は、あなた達の言葉で気分をぐちゃぐちゃにされた私についてはどう責任をとるつもりですか?

私は私が劣っていることに対してどう責任を取ればいいんだろう。

 

必ず私は何ものにもなれない。成功というのは私の日々の中にはない。私の小さな私、何にもならない私。

勝手に私が振り回されてるだけなのでやはり私が滅する以外に解決方法がない。

絶望しています。死ぬしかないことに。