読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よけのまいのにんげん

いつかの為の遺書です。

花と星と呪い

なにものでもないけやきを伐採
わたしの血はながれないでほしい
いろいろ恨むことをゆるしたわたしは
どの花もゆるせなくてころされた


嘘偽りないものをさらす日々
恥しかない
生きても生きてもなんにもおどれない
わたしは戦場にすぎないと、
それがやさしい物言いなら


不思議な
星に
不思議なもの

存在して
それが不思議とふえたりも
して
不思議なこと

連続していって
だから
不思議

終わるのだろうって


私は私による要因で


誰か

くらべた
美醜などは
少なくとも
このとき
問題でない


永遠に階段で
永遠に永遠

重ねてシーシュポス的な
ふざけ方

さらすわたし


あなたがたはなぜそうも攻撃的なの? って
さいごまで訊けないわたしをのろえ